もし、あなたが英語のヒアリングを1人で身に付けようと思ったら、苦労します
なぜなら、英語のヒアリングを習得する方法を知らないからです。
苦労せず、最短で英語のヒアリングを習得するコツは、すでに習得した人から聞くことです。

では、習得者はどこにいるか?と言うと、英会話学校にいます。
だから、みんなぜひとも英会話学校に入学しよう!という宣伝ではありません。
ここからがポイントです。
それぞれの英会話学校には、資料というものが存在します。資料には、学校の説明と一緒に、習得者の経験談が掲載してあります。
資料請求は無料です。ということは、習得者の経験談も無料で手に入るということになります。
これをぜひ手に取って自分の目で見て、習得するために道筋をイメージしてください。それができるとヒアリング習得はずっと簡単になります。
まずは、「英会話 ヒアリング」のキーワードで検索をします。

capture.JPG
1.各スクールの英会話学校一覧から     2.送付先住所を入力します。     これで終了です。
スクール・レッスン総合検索サイト「ケイコとマナブ.net」

2007年08月23日

英語ヒアリング まずは武器を取れ!!!

テニスにするのにラケットがなくてはいけません。
野球をするのにバットやグローブがなくてはいけません。
そして、英語ヒアリングをするために、
英単語を知らなくてはなりません。
こればかりは何を言ったって避けることはできないのです。

知らない単語は何度聞いても、
どれだけ前後の文脈から予想してみても、
分からない時は全く分からないのです。
もうお手上げなのです。

それが続くと、「やっぱり英語は難しいからいいや」となるのです。
だから、まずは武器を取りましょう。
ここで言うのは、最低限の英単語や英語表現は
INPUTしておいてください、ということです。
こればかりは文句を言っても始まらない。

野球でホームラン打ちたければ、
ラケットではなくバットを選ぶようなものです。
英語ヒアリングを可能にしたければ、
字幕なしの映画よりもまずは英単語のINPUTです。
posted by 英語ヒアリング at 01:46| 英語ヒアリングの武器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。