もし、あなたが英語のヒアリングを1人で身に付けようと思ったら、苦労します
なぜなら、英語のヒアリングを習得する方法を知らないからです。
苦労せず、最短で英語のヒアリングを習得するコツは、すでに習得した人から聞くことです。

では、習得者はどこにいるか?と言うと、英会話学校にいます。
だから、みんなぜひとも英会話学校に入学しよう!という宣伝ではありません。
ここからがポイントです。
それぞれの英会話学校には、資料というものが存在します。資料には、学校の説明と一緒に、習得者の経験談が掲載してあります。
資料請求は無料です。ということは、習得者の経験談も無料で手に入るということになります。
これをぜひ手に取って自分の目で見て、習得するために道筋をイメージしてください。それができるとヒアリング習得はずっと簡単になります。
まずは、「英会話 ヒアリング」のキーワードで検索をします。

capture.JPG
1.各スクールの英会話学校一覧から     2.送付先住所を入力します。     これで終了です。
スクール・レッスン総合検索サイト「ケイコとマナブ.net」

2007年08月23日

英語ヒアリング 武器の磨き方

前回は興味がある分野に特化しよう!という話をしました。
そこから、どんどん自分勝手に派生して
英単語を入手していきましょう。

例えば、野球好きな青年が英単語を覚えようと
メジャーリーグを題材にすると思います。
まず、アナウンサーが
なんて言っているか分かりません。
ですので、事前に最低限の専門用語が必要になってきます。

あのピッチャーはどんな球種を
持っているのだろう?と考えたら調べますよね。
ストレートは「fastball」、
カーブは「breaking ball」と言うことが分かります。

じゃあ、ヒットはどう言うのだろうと考えると、
ヒットはsingle、base hit、
二塁打はdouble、三塁打はtripleです。
それに打点が付いたら、
「run batted in」ですが、
略してRBIということの方が多いです。
ほら、略語まで覚えちゃった。

そうすると派生して、
タイムリーヒットが「RBI single」、
タイムリーツーベースが「RBI double」で
あることも簡単に覚えられちゃいます。
posted by 英語ヒアリング at 01:32| 英語ヒアリングの武器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。