もし、あなたが英語のヒアリングを1人で身に付けようと思ったら、苦労します
なぜなら、英語のヒアリングを習得する方法を知らないからです。
苦労せず、最短で英語のヒアリングを習得するコツは、すでに習得した人から聞くことです。

では、習得者はどこにいるか?と言うと、英会話学校にいます。
だから、みんなぜひとも英会話学校に入学しよう!という宣伝ではありません。
ここからがポイントです。
それぞれの英会話学校には、資料というものが存在します。資料には、学校の説明と一緒に、習得者の経験談が掲載してあります。
資料請求は無料です。ということは、習得者の経験談も無料で手に入るということになります。
これをぜひ手に取って自分の目で見て、習得するために道筋をイメージしてください。それができるとヒアリング習得はずっと簡単になります。
まずは、「英会話 ヒアリング」のキーワードで検索をします。

capture.JPG
1.各スクールの英会話学校一覧から     2.送付先住所を入力します。     これで終了です。
スクール・レッスン総合検索サイト「ケイコとマナブ.net」

2007年08月23日

英語ヒアリング 武器の磨き方【上級編】

一番の目玉、ホームランについて。
ホームランは「Home Run」で同じ言い方ですが、
満塁ホームランは「grand slam」ですし、
ランニングホームランは「inside the park home run」となります。
サヨナラホームランは「walk-off home run」という言い方をします。

そして、ホームランが出たときのアナウンサーの叫び声。
覚えていると一緒に興奮できますよね。
「Goodbye baseball!」、「See ya!」、「It's gone!」など
感情が本当に豊かに表現されています。


番外編として、
ピッチャー返しは「Comebacker」って言います。
投げたのに戻ってきちゃったよ!って意味が伝わってきますね。

「Baltimore Chop」は打者の足元で
バウンドして跳ね上がった打球のことを言います。
「Bang-Bang Play」は、アウトかセーフか、
際どいタイミングのときに使われる表現です。

これらの単語、覚えてからメジャーリーグ中継を聞くと、
全く違った試合を観られるように思えませんか?
posted by 英語ヒアリング at 01:28| 英語ヒアリングの武器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。