もし、あなたが英語のヒアリングを1人で身に付けようと思ったら、苦労します
なぜなら、英語のヒアリングを習得する方法を知らないからです。
苦労せず、最短で英語のヒアリングを習得するコツは、すでに習得した人から聞くことです。

では、習得者はどこにいるか?と言うと、英会話学校にいます。
だから、みんなぜひとも英会話学校に入学しよう!という宣伝ではありません。
ここからがポイントです。
それぞれの英会話学校には、資料というものが存在します。資料には、学校の説明と一緒に、習得者の経験談が掲載してあります。
資料請求は無料です。ということは、習得者の経験談も無料で手に入るということになります。
これをぜひ手に取って自分の目で見て、習得するために道筋をイメージしてください。それができるとヒアリング習得はずっと簡単になります。
まずは、「英会話 ヒアリング」のキーワードで検索をします。

capture.JPG
1.各スクールの英会話学校一覧から     2.送付先住所を入力します。     これで終了です。
スクール・レッスン総合検索サイト「ケイコとマナブ.net」

2007年09月08日

英語ヒアリング BBCの読み方

Learning English - News English」がBBCのサイトです。
http://www.bbc.co.uk/worldservice/learningenglish/newsenglish/index.shtml


このページからWords In The Newsに飛んでみましょう。
http://www.bbc.co.uk/worldservice/learningenglish/newsenglish/witn/index.shtml

このサイトに来たら、自分が気になるニュースを選択してみましょう。
すると、どうでしょうか?
英語の記事が全文載っていますよ。
そこから、音声ファイルの取得もできますよね。
これで迷うことなく、スクリプトと音声ファイルをゲットできますね。
あとは繰り返し聞いて、分からない表現、単語を調べて、再び聞く。
それの繰り返しをひたすら続けるわけですが、
飽きたら別のニュースをクリック。

常に新しい情報、最新のニュースに触れることができるので、
リアルタイムでイギリスの情勢を掴むこともできます。

閲覧したら分かると思いますが、記事量が非常に多いです。
尽きることのない学習意欲があっても、全部を網羅するのは至難の業です。
そうか、だったら多いから、やっぱり嫌だ!と言わないで下さい。
一つ一つのニュース記事はそれほど長くないので、
短い時間に集中して聞くことができます。
あまり興味のあるニュースがない方、
特定の分野に特化しても構いませんので、
納得がいくまで聞きまくってくださいね。




【関連する記事】
posted by 英語ヒアリング at 01:01| 英語ヒアリング BBC挑戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。