もし、あなたが英語のヒアリングを1人で身に付けようと思ったら、苦労します
なぜなら、英語のヒアリングを習得する方法を知らないからです。
苦労せず、最短で英語のヒアリングを習得するコツは、すでに習得した人から聞くことです。

では、習得者はどこにいるか?と言うと、英会話学校にいます。
だから、みんなぜひとも英会話学校に入学しよう!という宣伝ではありません。
ここからがポイントです。
それぞれの英会話学校には、資料というものが存在します。資料には、学校の説明と一緒に、習得者の経験談が掲載してあります。
資料請求は無料です。ということは、習得者の経験談も無料で手に入るということになります。
これをぜひ手に取って自分の目で見て、習得するために道筋をイメージしてください。それができるとヒアリング習得はずっと簡単になります。
まずは、「英会話 ヒアリング」のキーワードで検索をします。

capture.JPG
1.各スクールの英会話学校一覧から     2.送付先住所を入力します。     これで終了です。
スクール・レッスン総合検索サイト「ケイコとマナブ.net」

2007年08月21日

英語ヒアリング 英語発音のコツ step2

単語と単語がつながったときの文では強弱に注意しましょう。
もう、お分かりかと思いますが、簡単な例を挙げてみますね。
「分かった、了解した」などの意味で使われる「I got it」。

これを「アイ ゴット イット」と発音しているようではNGです。
I got itを一つの単語として認識するほうがいいかもしれません。
「アイガッリ」というつながった単語の発音として、
ここに強弱、抑揚を織り交ぜて発します。
このような短い文は非常にたくさんあります。
でも、これに慣れていかないことには英語ヒアリングの上達はありません。
英語はそういうもの、という意識で聞き取っていきましょう。

posted by 英語ヒアリング at 00:35| 英語ヒアリングの発音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英語ヒアリング 英語発音のコツ step1

1語1語を正確な発音として覚える必要がありますね。
そんなの当たり前じゃん、と思う方がいるかと思いますが、
実はこれが一番簡単そうで難しいことなんです。
だって、ここで間違って覚えると後で修正するのが大変。

赤ん坊の時のクセが大人になっても抜けない!ってことがあるように、
始めの段階できちんと正しい発音を耳に覚えさせるのは
最重要ポイントになってくるのです。
発音記号で発音してみるのは当然、
それでも分からなければ、
スピーカーで発音が聞くことのできるサイトを検索してみましょう。
後ほど、サイトは紹介しますね。

まずは、これを徹底的に行ってみましょう。
単純そうですが、後々大きな武器となってきますよ。
posted by 英語ヒアリング at 00:39| 英語ヒアリングの発音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英語ヒアリング 英語発音の謎 

英語ヒアリングをする上で、
英語が聞き取れない理由に挙げられることが多い英語の発音。

まずは、分かっているよ!という方ももう一度認識してください。
「英語と日本語は別の言語である!」

つまり、日本語を話すように
英語の発音をするのは止めましょうということです。
英語ヒアリングでは、
日本語のように全ての音がはっきりしていないことに手こずることがあります。

例えば、thinkですよね。
「シンク」とアメリカ人は言いません。
これって、日本語発音ですからね。
でも、それは当たり前で、日本語にはthの音はないんですもん。
そりゃあ、聞き取れねーってことです。

ですので、英語ヒアリングにおける英語発音のコツを挙げてみますね。
posted by 英語ヒアリング at 00:42| 英語ヒアリングの発音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。