もし、あなたが英語のヒアリングを1人で身に付けようと思ったら、苦労します
なぜなら、英語のヒアリングを習得する方法を知らないからです。
苦労せず、最短で英語のヒアリングを習得するコツは、すでに習得した人から聞くことです。

では、習得者はどこにいるか?と言うと、英会話学校にいます。
だから、みんなぜひとも英会話学校に入学しよう!という宣伝ではありません。
ここからがポイントです。
それぞれの英会話学校には、資料というものが存在します。資料には、学校の説明と一緒に、習得者の経験談が掲載してあります。
資料請求は無料です。ということは、習得者の経験談も無料で手に入るということになります。
これをぜひ手に取って自分の目で見て、習得するために道筋をイメージしてください。それができるとヒアリング習得はずっと簡単になります。
まずは、「英会話 ヒアリング」のキーワードで検索をします。

capture.JPG
1.各スクールの英会話学校一覧から     2.送付先住所を入力します。     これで終了です。
スクール・レッスン総合検索サイト「ケイコとマナブ.net」

2007年08月29日

英語ヒアリング 語順の理解

一文を繰り返して理解するのが難しければ、繰り返さなければいいのです。
簡単なことですよね。
つまり、日本語としてキレイに訳そうという気持ちを捨ててください。
日本語と英語は別なんだ!と何度も脳みそに言い聞かせてください。
では、その場合、前述した一文はどのように理解すればいいのでしょうか?

『Most Japanese supermarkets have long been providing their customers with free plastic bags.』

まずはこれを文脈ごとに区切って理解していきましょう。

『Most Japanese supermarkets/ have long been providing/ their customers/ with free plastic bags.』
ほとんどの日本のスーパーは、/提供してきました/消費者に/無料のビニール袋を/
という具合に訳せると思います。

はじめは、非常に違和感を感じると思います。
でも、これが英語の脳みそなんです。
英語はこの語順で理解するように作られているので、
少しでも英語ヒアリングを上達させるためには、
やっぱりその語順で理解する方が近道なのです。

posted by 英語ヒアリング at 00:56| 英語ヒアリングの語順 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英語ヒアリング 語順に隠された罠

英語と日本語の大きな違いに語順があります。

例えば、最近流行っているエコバッグについて、
このような一文があったとします。

『Most Japanese supermarkets have long been providing their customers with free plastic bags.』

はい、どのように理解しましたか?
和訳しますと、
『日本のほとんどのスーパーマーケットは、消費者に無料のビニール袋を提供してきました』と
なると思います。

でも、でもですよ、このように頭の中で訳してしまっては、マズイです。
なぜなら、この理解の仕方では、一文を読んでようやく文脈を理解することになります。
つまり、一度読んだ文章をもう一度読み直すという繰り返しの作業が発生してしまいます。
これが、この一文だけならいいのですが、
英語ヒアリングでは、そういうわけにもいきませんよね。
だって、一文を聞いてから、理解している間には、次の文脈に進んでしまうから。
そうなると、もうチンプンカンプン。
理解する気すら失せてしまって、 やっぱり英語ヒアリングは難しいから、
やーーめた!ってなってしまうのです。

じゃあ、どうすればいいのでしょうか?
posted by 英語ヒアリング at 01:55| 英語ヒアリングの語順 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。