もし、あなたが英語のヒアリングを1人で身に付けようと思ったら、苦労します
なぜなら、英語のヒアリングを習得する方法を知らないからです。
苦労せず、最短で英語のヒアリングを習得するコツは、すでに習得した人から聞くことです。

では、習得者はどこにいるか?と言うと、英会話学校にいます。
だから、みんなぜひとも英会話学校に入学しよう!という宣伝ではありません。
ここからがポイントです。
それぞれの英会話学校には、資料というものが存在します。資料には、学校の説明と一緒に、習得者の経験談が掲載してあります。
資料請求は無料です。ということは、習得者の経験談も無料で手に入るということになります。
これをぜひ手に取って自分の目で見て、習得するために道筋をイメージしてください。それができるとヒアリング習得はずっと簡単になります。
まずは、「英会話 ヒアリング」のキーワードで検索をします。

capture.JPG
1.各スクールの英会話学校一覧から     2.送付先住所を入力します。     これで終了です。
スクール・レッスン総合検索サイト「ケイコとマナブ.net」

2007年09月14日

英語ヒアリング NHKのススメVol.2

やっぱり、NHKニュースは日本のニュースです。

英語で報道しているとしても、やっぱり日本のニュースです。
何が言いたいかといいますと、
つまり、一度日本語で、
そのニュースを聞いたことがあるかもしれません、
新聞でチラッと読んだかもしれません。
すると、なんななくですが、
英語の部分部分しか分からなくても、
イメージができてしまうのです。
想像ができれば、
ストレスなく英語ヒアリングを聞くことができますからね。

と、同時にテレビを見る感覚で聞くわけですから、
NHKの受信料を除けば、無料で聞けるわけですから、
非常にリスクが少なく、実りが多い方法ですよね。

で、テレビと言えばやっぱり、
リラックスしながら観るものですよね。
冬だったら、コタツに入って、ミカンを食べながら、
NHKの英語ニュースを聞く。リラックスしているから、変な力が掛かることはありません。
さあ、勉強しよう!って意気込む必要も全くなしです。

気軽に、習慣として副音声でNHK
これが出来たら、もう英語ヒアリングへの近道が見えてきたも同然。
がんばって、主音声の誘惑に打ち勝ちましょう!
posted by 英語ヒアリング at 01:04| 英語ヒアリング NHKを聴く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英語ヒアリング NHKのススメ

NHKニュースでも英語ヒアリングの勉強ができます。
なんで、日本語でそんなことができるの?
不思議に思われた方もいるかと思いますが、
NHKニュースは2カ国語放送しているものもあるので、
副音声にすると英語で聞くことができる
英語ヒアリングニュースがあります。

NHKニュース英語ヒアリングにおけるメリット。

いろいろなジャンルの英語を聞くことができます。
NHKのニュースを見れば分かると思いますが、
レポーター、ナレーターは男性、女性、
ブリティッシュ、アメリカン英語
、などなど、
どれかに偏ることなく、満遍なくクセのある英語を聞くことができます。
ですので、対応力が付きます。


また、日本語のNHKニュースもそうですが、
政治経済だけではなく、地域情報、天気予報、
スポーツ、特集など様々な分野を聞くことができます。


ですので、英語ヒアリングの幅が広がります。
幅が広がれば、それだけ自分が聞き取れる分野が広がりますので、
より一層の理解力、英語ヒアリングが向上することになります。
posted by 英語ヒアリング at 01:12| 英語ヒアリング NHKを聴く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。